本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 秋田 > 刈和野

刈和野

                                秋田県キリシタン関連地

キリシタンが住んでいた村


万治2(1659)年の記録で、転びキリシタンがいたことがわかっている村。
刈和野は宣教師の巡回経路上にある村でした。


刈和野

刈和野


万治2(1659)年に久保田藩では切支丹改めをし、「きりしたん調申立」を新任の宗門奉行にに提出しました。

それによると刈和野にも転びキリシタンがいたことが記録されています。1622年に捕縛され、転んで1650年に帰村した清蔵という人物です。

刈和野は宣教師が久保田領内を巡回する時に通る道上にあり、多くのキリシタンがいたと考えられています。長い入牢の末に帰村した清蔵は、捕縛された時とは全く違ってしまった村の様子に驚いたことでしょう。


刈和野
刈和野
刈和野
刈和野
刈和野
刈和野



 
現地への行き方
住所は大仙市刈和野です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                     史跡案内一覧へ >>