本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 秋田 > 寺沢のキリシタン殉教慰霊碑

寺沢のキリシタン殉教慰霊碑

                              秋田県キリシタン関連史跡、記念碑

多くの殉教者を出した村


わかっているだけで14人のキリシタン殉教者を出した村。
殉教地ではありませんが、村の公園内に立派なキリシタン殉教慰霊碑が建てられています。


寺沢のキリシタン殉教慰霊碑

寺沢のキリシタン殉教慰霊碑


1624年4月頃、寺沢村のキリシタン14人が捕らえられ、久保田城下の羅く丁牢に入れられました。

5月に1人、7月にヨハキム近江ら3人が牢死し、10人が8月4日に草生津河原刑罰場で処刑されました。

1968年、ここに殉教慰霊碑が建てられ、カトリック横手教会では毎年この碑の前で野外ミサを執り行っています。


北向観音
北向観音
寺沢のキリシタン殉教慰霊碑
寺沢のキリシタン殉教慰霊碑
寺沢のキリシタン殉教慰霊碑
寺沢のキリシタン殉教慰霊碑
石造物
石造物



 
現地への行き方
住所は湯沢市寺沢。国道108号(羽後街道)を南下していくと小さな案内板が出てきます。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>