本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 秋田 > 院内銀山跡

院内銀山跡

                                秋田県キリシタン関連史跡

多くのキリシタンがいた銀山


キリシタンの奉行がいて、200人以上の受洗者があった銀山の跡。
久保田藩領で最初にキリスト教布教が行われた場所とも言われています。


院内銀山 共葬墓地

院内銀山 三番共葬墓地


久保田藩領内でのキリスト教布教は、1606年に発見された院内銀山から始まったといわれています。

6、7年前から佐竹義宣に召抱えられ、1608年に初代院内奉行となったペトロ人見九右衛門という人物がキリシタンで、銀山で200人以上の人に洗礼を施しました。

その後ペトロ人見は熱心さのあまり追放となってしまいましたが、ジョバンニ三太夫というキリシタンが指導者となって信徒の面倒を見ていきました。当時銀山は非常に賑わっていて、久保田城下の人口をしのぐほどでした。

院内銀山で死去すると大半の者は周囲の寺院に葬られ、それ以外の者は三番共葬墓地に葬られました。寺請制度が始まるまではキリシタンは寺の檀家ではなかったので、寺に埋葬されたとは考えにくいです。三番共葬墓地は開坑以来使われてきたということなので、銀山で死亡したキリシタンはここに葬られたとみられます。墓石に彫られた年号で一番古いものは延享5(1748)年だそうですが、朽ちた墓域を見れば古い墓石は失われたのだろうと想像できます。


院内銀山地図
院内銀山案内図
院内銀山
院内銀山
院内銀山
院内銀山
院内銀山
院内銀山
院内銀山異人館
院内銀山異人館
院内銀山異人館
院内銀山異人館
院内銀山 共葬墓地
院内銀山 共葬墓地
院内銀山 共葬墓地
院内銀山 共葬墓地



 
現地への行き方
住所は湯沢市院内銀山町字下タ町地内、院内銀山町字上本町です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>