本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 秋田 > 外番匠町の仮牢跡

外番匠町の仮牢跡

                                秋田県キリシタン関連史跡

キリシタンが入れられた牢


横手で殉教したキリシタンが入れられていた牢があった場所。
愛宕山と呼ばれる所にありましたが、牢跡が特定されているわけではありません。


横手武家屋敷

横手武家屋敷


愛宕山と横手川の間には横手武家屋敷がありますが、この辺りに外番匠町の仮牢はあったと考えられています。

牢に入れられていたのは、1624年8月に処刑された13人と、1624年9月に処刑された4人です。

いずれも処刑地は、安田村牛首戸周辺の小山にあった刑場で、埋め塚と呼ばれる所です。


横手武家屋敷
横手武家屋敷
愛宕山周辺
愛宕山周辺
横手武家屋敷
横手武家屋敷
横手武家屋敷
横手武家屋敷



 
現地への行き方
愛宕山周辺の羽黒町などの武家屋敷内にありました。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>