本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 秋田 > 春光寺

春光寺

                                秋田県キリシタン関連史跡

佐竹義宣の側室、岩瀬御台


佐竹義宣の側室でキリシタンだった岩瀬御台の位牌がある寺院。

岩瀬御台の墓所は、同じ町内の天仙寺にあります。岩瀬御台は久保田城の西の丸に住み、「西の丸様」と呼ばれていましたが、1620年頃キリシタンになったことで夫婦仲が不和になり、横手に追放され生涯を終えました。


春光寺

春光寺


岩瀬御台は、1583年父の芦名盛隆が家臣に殺されたため、須賀川城主 二階堂盛義の養女になりました。

ところが1589年、二階堂盛義も伊達正宗に殺害されたので、一族の大館城主 岩城貞隆の元に身を寄せるようになり、1602年に佐竹義宣の側室として久保田城に入りました。ちなみに佐竹義宣は伊達正宗の従兄弟です。


春光寺に伝わる物


春光寺には「耶蘇教禁令 東照権現様 御掟十五個條」という御触れ書きが伝わっているとのことです。また近年になってマリア像のような像が発見されたと「横手郷土史」には書かれています(詳細不明)。


春光寺
春光寺
春光寺
春光寺
春光寺
春光寺



 
現地への行き方
住所は横手市二葉町2です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>