本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 秋田 > 横手城跡

横手城跡

                                秋田県キリシタン関連史跡

久保田藩の支城


小野寺氏によって築かれ、久保田藩佐竹氏の下で支城の一つとなった城。

横手城は、久保田城と同様に大規模な石垣や天守閣はなく、土塁と櫓だけの城郭で、本丸には5つの御殿が設けられていました。現在、横手城の本丸跡には秋田神社(横手城が廃城になった際に、廃材を利用して建立)、二の丸跡には模擬天守閣が建ち、天守閣内部は横手城の資料等が展示されています。

横手城跡

横手城跡


三の丸には、将軍秀忠暗殺未遂の嫌疑をかけられて久保田藩の預かりとなった本多正純父子がいました。

本多正純は禁教令のきっかけとなった岡本大八事件の関係者です。


横手城跡
横手城跡
小野寺氏の碑
小野寺氏の碑
小野寺氏解説
小野寺氏解説
横手城跡
横手城跡
横手城跡
横手城跡
横手城解説
横手城解説
横手城跡
横手城跡
横手城跡
横手城跡



 
現地への行き方
住所は横手市城山町29-1です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>