本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 秋田 > カトリック修道院 聖体奉仕会

カトリック修道院 聖体奉仕会

                                秋田県修道院、マリア像

涙を流すマリア像


涙を流すマリア像「秋田の聖母」が置かれている教会。

聖体奉仕会は、1970年に新潟教区長伊藤庄治郎司教によって設立されたカトリックの女子修道会です。聖体奉仕会の設立の最初のメンバーになったのは菅原すま子という女性。友人を誘って湯沢台に入植したのは1946年のことでした。


トリック修道院 聖体奉仕会

カトリック修道院 聖体奉仕会


1973年頃から、マリア像の掌に十字架の傷が現れたり、血のような液体がにじみ出るということが起こり始めました。

そして1975年1月4日、マリア像の瞳から涙が流れ出て、その日から連日続くこともあれば数日空くということもありながら、1981年9月15日まで、101回にわたり起こりました。

マリア像から涙が流れ出る度、シスターたちは作業の手を休めて像の前に集まり祈りを捧げ、最後に神父が涙を拭うのが常となりました。後に涙を拭った脱脂綿を秋田大学と岐阜大学の法医学教室に送って鑑定を受けたところ、ヒト体液であると判定されました。

この出来事が来客を通して外部に伝えられると、カトリック・グラフや様々なメディアによって取り上げられ、各地から巡礼者が訪れるようになりました。マリア像は現在は涙を流していませんが、聖堂内で見ることができます。訪問に際しては下記公式HPをご参照ください。


聖堂
聖堂
聖堂
聖堂
巡礼者用施設
巡礼者用施設
マリア庭園
マリア庭園
マリア庭園
マリア庭園
マリア庭園
マリア庭園
十字架の道行
十字架の道行
十字架の道行
十字架の道行
十字架の道行
十字架の道行
十字架の道行
十字架の道行
十字架の道行
十字架の道行
十字架の道行
十字架の道行
十字架の道行
十字架の道行
十字架の道行
十字架の道行
十字架の道行
十字架の道行



 
現地への行き方
住所は秋田市添川湯沢台1です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>