本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 秋田 > 声体寺

声体寺

                                秋田県石造物

「キリシタン灯籠」がある寺


一部の人に「キリシタン灯籠」と呼称されている織部灯籠がある寺。
「キリシタン灯籠」説を唱えた人の本に載っているので、この形の灯籠に関心を持っている人たちにはよく知られています。


声体寺 織部灯籠

声体寺 織部灯籠


「キリシタン灯籠」説を大々的に唱え、世に知らしめたのは松田重雄という人。

松田重雄が書いた「切支丹燈篭の信仰」に切支丹燈篭として掲載された灯籠があるため、この寺はこの種の灯籠に関心がある人には名前を知られています。

現在灯籠は、案内板等もないまま、墓地の片隅に置かれています。今ではこの形の灯籠を織部灯籠(古田織部が考案したデザインの灯籠)と呼ぶのが妥当であるとされており、キリシタンとは関係がないと考えるのが通例です。


声体寺
声体寺
声体寺 織部灯籠
声体寺 織部灯籠
声体寺 織部灯籠
声体寺 織部灯籠
声体寺門前
声体寺門前
声体寺門前
声体寺門前
声体寺本堂
声体寺本堂



 
現地への行き方
住所は秋田市保戸野鉄砲町3-44です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>