本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 秋田 > 日本基督教団 高陽教会

日本基督教団 高陽教会

                              秋田県クリスチャン関連史跡、教会

秋田に福音を入れた宣教師たち


秋田県で一番古いプロテスタント教会。

秋田のプロテスタント宣教は、1884年、米国ディサイプル派のスミスとガルスト夫妻が横浜から土崎へと入港したのが始まりです。病弱なスミス夫人は医師から止められたため、2ヵ月後に娘と共にやって来ましたが、その10ヵ月後に死去。その試練でスミスも一時帰米しましたが、すぐ再来日し、1890年まで秋田で伝道しました。

スミス夫人の召天5年目にアメリカの出身教会の婦人の募金により、秋田市本町5丁目に2階建で鐘楼が付いていた会堂が建設されました。これが現在の日本基督教団 高陽教会の原型です。


日本基督教団 高陽教会

日本基督教団 高陽教会


その後、1905年秋田県で最初の幼稚園を開設し、1968年秋田市高陽青柳町に教会堂と牧師館を建設した際に、秋田高陽教会と改称しました。

現在の教会堂は1981年に建てられたものです。


日本基督教団 高陽教会
日本基督教団 高陽教会



 
現地への行き方
住所は秋田市高陽青柳町13-31です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>