本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 秋田 > 秋葉神社

秋葉神社

                                秋田県石造物

織部灯籠のある神社


境内に覆屋に守られた織部灯籠が据えられている神社。
織部灯籠のことを「キリシタン灯籠」と呼ぶ人がいますが、学術的には意味がない主張であるとされています。


織部灯籠

秋葉神社 織部灯籠


境内、社殿に向って右手にある覆屋の中に、火袋が失われた織部灯籠があります。

最近ではこれを「キリシタン灯籠」だとする人は学者の中にはいませんが、未だに隠れキリシタンが拝んだものだと主張する人たちがいます。

この織部灯籠に刻まれた人物像は、子供を抱えたような形をしているので、これを見て聖母子像を思い浮かべる人がいるかもしれません。しかし昔は子供の死亡率が高く、堕胎も頻繁に行われていたので、水子供養のために像を造ることがありました。その類型と考えれば不思議ではありません。


秋葉神社
秋葉神社
織部灯籠
織部灯籠
織部灯籠
織部灯籠



 
現地への行き方
秋葉神社は川反中央ビル(秋田市大町3-1-12)の向かい側にあります。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>