本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 秋田 > 梅津政景屋敷跡

梅津政景屋敷跡

                                秋田県キリシタン関連史跡

キリシタンを捕縛した久保田藩 家老


キリシタン捕縛を指揮した久保田藩の家老 梅津政景屋の敷跡。
現在「秋田市民市場」となっている辺りにありました。


梅津政景屋敷跡

梅津政景屋敷跡


キリシタン捕縛に辣腕を振るった梅津政景は、「梅津政景日記」を著し、その中でキリシタンの動向や処刑の様子を記しています。

また兄の梅津憲忠は江戸詰めの家老で、江戸からの注進を梅津政景伝え、連携してキリシタン検挙を行いました。

梅津政景はキリシタン処刑にも立ち合い、その様子を記録しているのですが、1624年6月3日の「梅津政景日記」には、次のようにあります。
「一、きりしたん衆三十二人火あぶり、内 二十一人男 十一人女 
 一、天気よし」。


梅津政景屋敷跡
梅津政景屋敷跡
梅津政景屋敷跡
梅津政景屋敷跡



 
現地への行き方
秋田市民市場の住所は秋田市中通4-7-35です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>