本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 秋田 > 久保田城跡

久保田城跡

                                秋田県キリシタン関連史跡

歴代藩主が暮した城


1602年に出羽国へ国替えとなった佐竹氏二十万五千八百石の居城。

築城は1603年5月に開始され、翌年8月に初代藩主佐竹義宣が久保田城に入り、旧領主秋田氏の居城であった湊城は破棄されました。現在は千秋公園として整備され、市民の憩いの場として、また桜の名所としても親しまれています。


久保田城の御隅櫓

久保田城の御隅櫓


久保田城の西の丸には、「西の丸様」と呼ばれたキリシタン女性 岩瀬御台が暮していました。

岩瀬御台は佐竹義宣の側室でしたが、キリシタンになり佐竹義宣と不仲になったため、1620年に久保田を追放され横手に行き、そこで没しました。

城内の茶室「宣庵」の庭には織部灯籠があります。織部灯籠のことを「キリシタン灯籠」だと言い、隠れキリシタンが拝んだものだと主張する人がいますが、キリシタンになった側室が追放され、その侍女であったキリシタンが処刑されているのにも関わらず、場内にキリシタンに関係する物が残されたはずがありません。佐竹義宣は千利休の直門であり、古田織部とも親交があったため、織部灯籠を設置したと考えるのが自然です。


久保田城跡
久保田城跡
平野政吉美術館
平野政吉美術館
久保田城跡
久保田城跡
久保田城跡
久保田城跡
久保田城跡
久保田城跡
御物頭御番所
御物頭御番所
佐竹義堯像
佐竹義堯像
織部灯籠
織部灯籠



 
現地への行き方
JR秋田駅西口より徒歩15分。千秋公園の住所は秋田市千秋公園1-39です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>