本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 秋田 > カトリック秋田教会

カトリック秋田教会

                                秋田県教会、記念碑

秋田の中心地にあるカトリック教会


久保田城跡(千秋公園)のすぐ近くにあるカトリック教会。

1884年に創立され最初の洗礼者が記録されている歴史ある教会で、教会創立時の司牧はパリ外国宣教会に託されていましたが、1907年からは神言修道会が担当しています。秋田で殉教したキリシタンを記念した、秋田キリシタン殉教碑があり、いつでもお参り(お祈り)くださいと案内の碑も建てられています。


カトリック秋田教会

カトリック秋田教会


現在の聖堂は1962年に献堂されたもので、手前の鐘は1995年に建立されました。

秋田キリシタン殉教碑の前では毎年7月18日頃に記念ミサが行われています。


カトリック秋田教会
カトリック秋田教会
秋田キリシタン殉教碑
秋田キリシタン殉教碑
キリシタン殉教碑案内
キリシタン殉教碑案内
マリア像
マリア像



 
現地への行き方
住所は秋田市千秋明徳町1-48です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>